外構の一部でエクステリアの大事な構成要素!水栓について詳しく解説

外構の一部でエクステリアの大事な構成要素!水栓について詳しく解説

外構のなかで水栓は、はっきりとは目立ちませんが、大変重要な役割を占めています。家を新築される方や、外構リフォームを検討される方は、散水栓や立水栓について理解を深めましょう。

外構の水栓は庭の樹木や、花壇への水やりから、愛車の洗車にエクステリアの清掃などでも使います。今回は、外構の水栓について詳しく解説します。

 

そもそも「水栓」とは?

水栓(すいせん)の本来の意味は、開閉操作を行う給水設備の総称です。ハンドルやレバーを回して、水が流れるように開閉や水の量を調整します。外構における水栓は、庭の水道や屋外の水栓で、水栓柱(すいせんちゅう)とも呼ばれています。立水栓(りっすいせん)や、外水栓と呼ばれることもあるようですが、基本的には水栓柱が一般的です。

 

外構の水栓

外構は、屋外にあるさまざまな設備で、屋外水栓も外構に含まれます。外構の水栓は用途が多彩で、樹木への水やり・花壇への散水に、テラスや玄関の清掃や車の洗車から、その他の外構の清掃にも使用します。また、水栓は手洗いやペットのシャンプーなど、最適な場所にあると使い勝手がよいものです。外部に設置される水栓は種類が多く、以下で代表的な外構に設置される水栓をご紹介しましょう。

散水栓(さんすいせん)

散水栓は主に、庭の樹木や花壇の花や、芝生への水やりのほか、外構の構築物の掃除や洗車などにも使えます。一般的な散水栓は、地中に埋め込まれ、蓋がついていて散水栓ボックスの中に収納されています。使用する時に蛇口にホースをつけて使うのです。

立水栓(りっすいせん)

立水栓の用途は幅広く、樹木への水やり・外構物の汚れ落とし・手洗いなど、さまざまな用途があります。一般的には、地上から立ち上がった支柱についているタイプです。人が立ったままで使え、しゃがまなくても使えるので高齢者には便利でしょう。立水栓は、柱を自分好みのデザインにカスタマイズできるので、外構のテイストに合わせて、和風・レンガ調・モダン・アバンギャルド・メタリック調などさまざまなタイプから選べます。

壁水栓

壁水栓は、2階以上の住宅や、コンクリート製の建物のベランダなど、スペースが限られている場所の壁に設置されます。ベランダのプランターや鉢植えなどへの水やりや、ベランダの清掃、手洗いでも使えます。水栓ひとつでも、使い勝手がよいと、作業性がよくなり樹木や植物の成育にも良い影響が期待できるでしょう。

 

外構にある水栓の注意事項

外構にある水栓については注意事項が多くあります。そのなかから、とくに注意が必要な事項について解説します。

寒さによる凍結

散水栓や壁水栓は、水道管が地中や壁の中を配管しています。直接外気に接しておらず、凍結しにくい面もありますが、地域や気候により凍結することは珍しくありません。立水栓は、外気にさらされている構造が多く、寒さによる凍結被害を受けやすくなります。また、立水栓の中の水道管は一度凍結すると、簡単には溶解しにくいこともあり、凍って体積が増えて水道管が氷の膨張に堪えられず破損してしまうこともあるのです。

立水栓の凍結防止策として「水抜き機能が付いた立水栓」が人気です。立水栓の柱の中間に水を抜くための蛇口のようなものを付け、そこから水抜きをするだけでも、寒さによる凍結は予防できます。また、水抜き機能が付いていない立水栓は、立水栓に断熱材のカバーを巻くことで凍結予防が可能です。

豪雪地域で散水栓が雪に埋もれる

豪雪地帯では、地面に埋め込んだ散水栓が、雪に埋もれてしまうことがあり、雪が降るたびに除雪するのは大変な労力を要します。また、散水栓の蓋は地面とほぼフラットに設置され、雪が降ると雪の下に埋没するのです。豪雪地域で散水栓が雪に埋もれないためには、屋根を作ったり、雪の高さを見計らって、立水栓に切り替えたりすることも一つの解決策といえるでしょう。

経年劣化によるトラブル

一般的に、水道管は設置から40年くらいは耐用年数があるといわれています。ただし、配管されている環境により、経年劣化や腐食や破損・破裂が早まることもあります。普段から、外構に設置された水栓の配管については注意を怠らず、定期的にメンテナンスをすることも必要です。標準的には、外構の水栓を設置してから10年から15年経過した時点で、専門業者による検査とメンテナンスをおすすめします。室内に設置したすべての水道を止めていても、水道メーターが上がる場合は、屋外の水栓からの水漏れの可能性がありますので、チェックしましょう。

 

まとめ

外構に設置された水栓の種類とトラブルについての対策をご紹介しました。外構に手を加える家庭が増えただけに、これからも外構の水栓は増えていくでしょう。水栓を賢く使うことでエクステリア全体がいっそう輝きます。

「須田技巧株式会社」は、お客様のイメージ以上の建物を実現する企業です。ハイクオリティーなエクステリアをデザイン・設計・施工する専門店で、アメリカ西海岸のカリフォルニアスタイルを得意としております。

群馬県伊勢崎市を中心に群馬県中南部から、埼玉県本庄市・深谷市・上里町など、埼玉県北部まで幅広く施工のご依頼を多数いただいております。リフォームについてどのようなことでもご相談ください。

 

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031