カリフォルニアスタイルの家とは?特徴やインテリア、外構について解説!

カリフォルニアスタイルの家とは?特徴やインテリア、外構について解説!

カリフォルニアといえばまぶしい日射しと白いビーチ、サーファーの姿などが思い浮かびますが、同時に家もまたカリフォルニアを象徴するものとして有名です。「カリフォルニアスタイル」と呼ばれるこれらの家は開放感があるのが特徴ですが、日本では詳しく知る人はまだ少ないのが実情です。

そこで今回は、カリフォルニアスタイルの家とはどのようなものなのか、よく使われる色や資材などについて紹介します。

 

カリフォルニアスタイルの特徴

カリフォルニアスタイルは、アメリカ西海岸にあるカリフォルニア州の自然や文化を反映したデザインのことです。カリフォルニアは温暖な気候や豊かな自然、多様な人々やライフスタイルが魅力的な場所として知られています。そのためカリフォルニアスタイルは、開放感や快適さ、自由さや個性を表現するものとなっています。

外壁の特徴

カリフォルニアスタイルの家の外壁は「ラップサイディング」という一枚の長い板状に加工されたサイディングという外壁材を横向きに重ね張りしていく方法で作られます。アメリカの家の雰囲気を出したいときにはもってこいの方法といえるでしょう。

サイディング材には木質サイディング、窯業サイディング、樹脂サイディングの3つがあります。木質サイディングは蒸し暑さには強くても水に弱いため、雨が多い日本の場合塗り替えをたびたびする必要があります。窯業サイディングはカラーのバリエーションも幅広く、自分の好きな色にできますが塩に弱いため、海の近くの家の場合水で洗う頻度を増やす、塗り替えを頻繁にするなどの対策をとらなければなりません。樹脂サイディングは水や湿気、塩に強いという特徴があります。海の近くの家に使っても他のサイディング材のように手間がかからず、色落ちもしにくいので長期間の使用に耐えられます。

カバードポーチがある

カリフォルニアスタイルの家でよく見られるのがカバードポーチといわれる屋根付きの玄関ポーチです。この場所をウッドデッキにすれば家族や友人が集まってバーベキューができるようにしたり、自転車置き場にしたりと多目的に使える場所になります。カバードポーチだけでもカリフォルニアスタイルらしくなりますが、ブランコベンチがあるとさらに雰囲気が出ます。

色の特徴

カリフォルニアスタイルの家は色も特徴的です。パステルトーンのブルーやグリーン、ベージュ、ホワイトが外壁ではよく使われます。アクセントカラーとして窓枠にライトブルーなどが使われる例もあるでしょう。また屋根にはパステルトーンのテラコッタ、サンドカラーといった色が使われます。

 

カリフォルニアスタイルのインテリア

カリフォルニアスタイルは西海岸スタイルともいわれています。ロサンゼルスやサンフランシスコ、サンディエゴなどアメリカ西海岸のビーチ沿いでよく見られる開放感のあるインテリアが特徴のため、広い空間をつくるための収納スペースが必要です。

ナチュラルビンテージ感を出す

カリフォルニアスタイルのインテリアは「ナチュラルビンテージ感」があるのが特徴です。使いこんである感じがする木材など、自然素材を使用したアイテムで統一感を出すとビンテージ感がありなおかつ飾らない、リラックスできる空間にできます。

インテリアのカラー

カリフォルニアでイメージされる青空と白い砂、青い海から、インテリアのカラーは青と白を中心に選びます。青や白はさわやかで派手な色合いでないため、木材でできたアイテムとの相性も良く合わせやすいでしょう。

ゆとりのある配置にする

開放感を演出するために、家具の配置に余裕を持たせるようにしましょう。カリフォルニアスタイルの部屋には、風が通り抜けるような空間が必要です。

 

カリフォルニアスタイルの外構

カリフォルニアスタイルの外構は、開放感を出すために大きな木を植える、仕切りで家の中を見えないようにするなど必要以上に隠すことはしません。

ドライガーデン

乾燥地帯の植物を植えたドライガーデンはカリフォルニアスタイルの外構によく見られます。砂地や小石を使って花壇を作り、サボテンやヤシの木、アガペなどを植えれば、水やりもあまり必要なく手間のかからないガーデンスペースになります。

境界フェンス

カリフォルニアスタイルで使われる境界フェンスには、白木のフェンスや金属製のネットフェンス、ウッドフェンスがあります。基本的にカリフォルニアスタイルはオープン外構のため、家全体が外から見えることは覚えておおきましょう。

アプローチ

門から玄関までの通路をアプローチといいます。 カリフォルニアスタイルのアプローチは複雑なものではなく、コンクリートのみで作る、または芝生と枕木を組み合わせるといったシンプルなものが多いのが特徴です。

 

まとめ

カリフォルニアスタイルと呼ばれる家には外壁がラップサイディングである、カバードポーチがある、カラーはパステルトーンであるといった特徴があります。インテリアは木材など自然素材が使われることが多く、青や白でまとめると雰囲気が出るでしょう。

「須田技巧株式会社」はカリフォルニアスタイルのエクステリア施工を得意とする会社です。まるでカリフォルニアにいるかのようなオシャレな雰囲気の外構なら当社におまかせください。ご相談をお待ちしております。

 

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31